弁護士 鬼頭治雄

弁護士 鬼頭治雄
弁護士 鬼頭治雄

自分にしかできない仕事を


私は、学生時代、冤罪事件に関心を持ち、無実の人を助ける弁護士になりたいと思い、この道を目指しました。

弁護士になって最初の頃は、とにかく無我夢中で目の前の事件に取り組みました。特に最初の2、3年は、新しい知識とフットワークで経験不足をカバーしようと必死でした。冷や汗をかくような体験を何度もしましたが、当時の所長弁護士をはじめとして多くの方々の支えによって、5年間、勤務弁護士として無事過ごすことができました。

平成17年に独立して事務所を開設しました。そしてさらに数年が経ち、弁護士であれば通常誰もが経験するであろう事件を一通り経験しました。自分自身は日々緊張感をもって仕事をすることを心掛けてきましたが、大きな変化がない中で、今後の発展性について行き詰まりを感じるようにもなりました。

しかし、名張毒ぶどう酒事件の再審弁護団での活動、身震いするような重大な刑事事件の弁護活動などを通じて、まだまだ自分の知らないステージがあることを実感するようになりました。また、弁護士会や日弁連の委員会活動などによって、最新の情報に接し、それを仕事に生かすこともありました。

photo-kitoh05

このように、私は弁護士十年を超えて、ようやく自分の立ち位置が少し見えてきたように思います。

私は、全ての事件において、どのように証拠を積み上げ、どのように事実を示すのかについて最も強い関心を持っています。そして、相手方との駆け引きにおいても、どの時点で何を示し、何を述べるのか、タイミングを大切にするように心掛けています。

これからも、自分にしかできない仕事をしていきたいと思います。

主な取扱分野

  • 刑事弁護
  • 刑事事件に関連する企業のコンプライアンス
  • 建物明渡し等の不動産管理
  • 農地に関する法律問題
  • 事業者の破産・民事再生

経歴

1995年
一橋大学法学部卒業
2000年
弁護士登録(名古屋弁護士会(当時))
2004年
名古屋大学法科大学院/客員助教授
2009年
愛知県弁護士会 会報編集委員会/副委員長
2011年
名古屋大学法科大学院/客員教授
愛知県弁護士会 刑事弁護委員会/副委員長
2012年
日本政策金融公庫 農業経営アドバイザー試験合格
2013年
地方公共団体/特別調査委員
2014年
愛知県弁護士会/副会長
2015年
日本弁護士連合会 人権擁護委員会/副委員長
2017年
愛知県弁護士会 弁護士会照会調査室/室長

現職

  • 日本弁護士連合会 人権擁護委員会/副委員長
  • 日本弁護士連合会 刑事弁護センター/委員
  • 愛知県弁護士会 弁護士会照会調査室/室長
  • 名張毒ぶどう酒事件弁護団

最近の著書・論文等

  • 50条鑑定で故意と責任能力を争った事例(季刊刑事弁護73号・現代人文社・2013・共著)
     -刑事弁護-
  • 暮らしのはてな相談(家の光2014年9月号及び11月号・JAグループ家の光協会・監修)
     -農家の法律相談-
  • 事例類型別弁護士会照会(日本評論社・2014・共著)
     -証拠収集-