賃貸借

居住者間のトラブル、賃料滞納等、ご自身で解決しない問題について、弁護士が対応します。

賃貸マンションやアパートをお持ちの方は、色々と神経を使うものです。住人の方からの苦情もありますし、住人同士のトラブルもあります。また、家賃を滞納している方の問題もあります。その他にも、住人の方が、荷物を残したまま行方不明になってしまったというケースもあります。

ところで、住人の方が行方不明になってしまった場合、大家さんは勝手に荷物を処分して空室を片付けて、新しい入居者を募集してもよいのでしょうか。実は、このような「自力救済」は法律で禁止されています。だから、勝手に荷物を処分することはできないとされています。しかし、だからと言って、このまま放置しておくわけにがいきません。

このような場合には、面倒ではありますが、不在者に対する建物明渡の裁判をおこすなど、法律に従って荷物を処分する必要があります。「たぶん大丈夫だろう」では済まされない場合もあります。

主に鬼頭弁護士が賃貸借問題に関するご相談に応じます。