債権回収

債権回収のお悩みを解決し、法律相談の中でアドバイスいたします。

当然、支払ってもらえるはずの売掛金や貸付金を支払ってもらえないというのは、大変気がかりで辛いことだと思います。ご自分で請求するのも手間がかかりますし、催促しても相手方があれこれと言い訳をするのを聞いていると、ますますストレスになります。

そのような手間やストレスを考えると、ご自分で請求するよりも、弁護士に依頼して、代わりに請求してもらったり、裁判をおこしてもらったりするのも一つの方法です。

弁護士が代理人として相手に請求する場合、過去の似たようなケースを参考にしながら、請求の仕方を工夫します。また、最後には裁判で決着させる意気込みで話を進めますので、相手に対して強い態度で臨むことができます。

確かに、弁護士に依頼するときに、最初、着手金と実費が必要になります。しかし、それさえご用意いただければ、原則、途中で追加の着手金がかかることはありません。報酬金は、実際に相手から回収した中から頂くことになりますので、出費がかさむ心配はありません。返してもらえる見込みも含めて、法律相談の中でアドバイスいたします。

鬼頭弁護士竹内弁護士が債権回収に関するご相談に応じます。