視野を広げるために

今週は、国際会議に出席するため、1週間、東京出張です。先々週も海外出張だったので、先週1週間が名古屋における貴重な1週間で、今まで経験したことがないほど慌ただしかったです。

通常の業務に加え、国際会議や海外視察に積極的に参加するのには理由があります。それは、視野を広げ、日々の仕事に生かすためです。私たちは、どうしても目の前の仕事を微視的に捉え、理論より経験を重視した事件処理をしがちです。しかし、特に難しい事案に遭遇したとき、経験だけでは打ち破れない世界があることも事実です。そのようなとき、国際会議や海外視察で得た経験が、大いに役に立ちます。裁判所を説得するためにも、理論武装は必要不可欠です。

日常業務と上手に折り合いをつけながら、これからも国際会議や海外視察に参加していきたいと思います。