子どもが嫌がっているから

面会交流事件には様々なかたちがあります。同居親か、非同居親か、いずれの代理人になるかによっても、事件の見え方は違います。ドメスティック・バイオレンスが介在する場合には、より複雑です。

ただ、子どもにとって同居親の存在は大きいものがあります。その結果として、別居前には親子関係に特段の問題がなかったはずなのに、別居後、子どもが面会交流に消極的な態度を示すようになったケースが、ときどき見られます。そのような中で、同居親が「子どもが嫌がっているから」と声高らかに説明することに対しては、非常に違和感を覚えます。子どもから、一方の親を奪う権利など、他方の親にはないからです。

そして、そのような状況を放置しているだけの代理人、当事者と声を揃えて「子どもが嫌がっているから」としか言えない代理人を見かけますが、問題を解決しようという意思が伝わらず、代理人としての職責を果たしてないと思います。