相続法が変わる

相続法改正に関し、法務省のウェブサイトで、「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」と「法務局における遺言書の保管等に関する法律案」が公表されました。

「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_0021299999.html

「法務局における遺言書の保管等に関する法律案」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00241.html

法律案になりますと、いよいよという気がします。

これまで議論されてきた配偶者居住権、配偶者への贈与等に関する持戻し免除の推定、遺産分割前における預貯金債権の行使に関する規定、自筆証書遺言の方式の緩和、遺留分の減殺請求権の金銭債権化、特別寄与者制度等が定められています。

何回かに分けて、改正内容についてご紹介できればと思います。