代理人としての立ち位置

偶々かも知れませんが、最近よく、相手方の代理人弁護士から戸惑うようなFAXをもらうことがあります。

あるFAXの末尾には、「〇〇(相手方のこと)は嘆き悲しんでおります。」と結んであったり、別のFAXには、事実認識に関するこちらの主張に対し、「そのようなことは絶対にありませんので、再度ご検討ください。」と言った記載があります。

弁護士の仕事に唯一の正解はなく、多種多様な切り口があって良いと思います。ですが、受け取った相手方代理人がその後の対応に戸惑うようなFAXは、紛争解決の観点からは、無益なだけでなく、ときには有害ではないかと思うことがあります。

お互いの立場の違いを理解しつつも、紛争解決の観点だけは見失わないようにしたいものです。