お茶をどうぞ

相談・打合せのとき、相談者・依頼者の方にお茶をお出します。この時期は温かいお茶、夏場には冷たいお茶になります。

深刻な話をする中で、お茶を召し上がっていただき、少しでもリラックスしていただければと思います。単なる法律事務所で限度はありますが、なるべく美味しいお茶をお出しするように心がけています。

ところが、長時間の相談・打合せにもかかわらず、お茶を全く口にされない方もいらっしゃいます。やはり緊張されているからでしょうか。それとも話に夢中になっていらっしゃるからなのかもしれません。

私たち弁護士の側も、気づいたときに「お茶をどうぞ」とお声かけできれば良いのですが、こちらも打合せに没頭する余り、そのひと言を忘れてしまうこともあります。

お帰りになった後、会議室に残されたお茶を見つけたときは、「ああ、申し訳なかったなあ」と反省しています。