君たちはどう生きるか

最近、話題になっている「漫画 君たちはどう生きるか」を電子書籍で購入し、移動時間を利用して読みました。この本は、1937年に出版された「君たちはどう生きるか」(作者は児童文学者の吉野源三郎さん)を漫画化した作品です。

物語は、中学生のコペル君と、コペル君の叔父さんとの対話形式で進められます。単純な倫理観にとどまらず、経済学や社会学を学ぶ大切さが語られる場面があるなど、その内容が少しも古く感じられなかったことや、1937年という太平洋戦争に向かって行く時期に原作が出版されたことが印象に残りました。

まだ半分しか読んでいませんので、残り半分を読み進めると、さらに印象が変わるかもしれません。もう一度読み返しても良さそうです。