寒蟬鳴

「寒蟬鳴」と書いて、「ひぐらしなく」と読みます。
本日も、蒸し暑い一日となりましたが、暦の上では秋が始まっています。

こんなことを思ったのも、昨晩、虫の声に初めて気がついたからです。

そして、そろそろ「蒙霧升降」(ふかききりまとう)となり、8月の終わりともなれば、「天地始粛」(てんちはじめてさむし)といって、暑さがようやくおさまり始める頃となります。

あれもこれもしなくてはと思っているうちに、あっという間に季節は変わっていくようです。