常に冷静に

弁護士の仕事は、人の悩みに向き合う仕事です。一人一人が本当に深刻な問題を抱えて事務所にいらっしゃるので、私も常に全力で依頼者の方に向き合わなければなりません。

そのためには、常に冷静で気持ちを安定させておく必要があります。とかく不安定になりがちな依頼者の方と一線を画し、法律家として的確な主張立証を組み立てられるからこそ、弁護士の存在価値があるのだと思います。

毎日毎日こんなことを考えているからでしょうか。たいていのことでは全く動じなくなりました。一種の職業病かも知れません。