これからもっと

本日は、愛知県弁護士会で、外務省主催のハーグ条約セミナーが行われました。

私も、日弁連のハーグWG(ワーキンググループ)と、愛知県弁護士会の国際ADR部会に所属している関係でお手伝いをしました。

外務省のハーグ条約室の方からは、中央当局の役割やハーグ条約をめぐる動向を、日弁連ハーグWG(ワーキンググループ)の弁護士の方からは、具体的な代理人活動についてお話を伺いました。いずれも、大変勉強になりました。

愛知県では、このようなセミナーに参加する会員がまだ少ないことは否めません。ですが、開催した側として、うれしかったのは、当初からハーグ案件に関心を持っていて、これまでにも研修等でよく顔を会わせている会員だけでなく、何らかのきっかけでハーグ案件に接した会員や、初めてこのようなセミナーに参加する会員がいたことです。こうして、次第に裾野が広がっていくのかなと思いました。

また、アンケートの結果、今回のセミナーが好評であり(これは講師のお二人の力によるものですが)、時間が短い、講師のお話をもっと聴きたい、という感想を多くいただいたことも、うれしいことでした。