『新注釈民法』刊行開始

一昨年10月、このひと言で、民法のコンメンタール『新版注釈民法』の刊行が途中で終了したことについて書きました。

『新版注釈民法』刊行終了

あれから1年余、『新注釈民法』の刊行が開始しました。「新版」と「新」で紛らわしいのですが、全く別のシリーズです。さっそく初刊本を購入し、冒頭の「『新注釈民法』の刊行にあたって」を読むと、『新版注釈民法』は『注釈民法』の改訂版であったのに対し、『新注釈民法』は独立の新しい書物なのだそうです。

私たち弁護士の仕事において、民法のコンメンタール(逐条解説書)は、最も大切な書物の一つです。通読するものではありませんが、民法に関連して何か手掛かりを探るとき、やはり最初に手に取ることが多いような気がします。

それに、当然ですが、『新注釈民法』は債権法改正にも対応しているそうです。この点でも、今回の刊行開始は、とても嬉しいことです。