今年もありがとうございました

本日をもって、年内の業務が終了しました。

スケジュール帳を読み返しますと、今年もいろいろな方と出会い、仕事をさせていただけたことを実感します。ありがとうございました。

仕事をするためには、物事を客観的に把握するための勉強をすることと、それと同時に、自分の目で見たこと、感じたことを信じるのが大切だと思う1年でした。

最近、知人から、津端修一さん・英子さん夫婦のことを教えてもらいました。私は存じ上げなかったのですが、NHKでもお二人の番組が放映されていたようです。愛知県の春日井市のご自宅で、半自給自足の生活をしておられるご夫婦です(修一さんは、2015年6月にご逝去されました)。

早速、お二人の『ときをためる暮らし』(有限会社自然食通信社)を読んでみました。その丁寧で、ご自分たちの感性を大切にする生き方に魅かれます。

仕事に対する姿勢においても、お二人のようにありたいと思います。