上手な使い分け

Kindle等の電子書籍は、便利だと思います。スマホやタブレット端末があれば、どこでも気軽に本を開くことができるからです。

特に気に入った本であれば、本棚に置いておきたいところですが、それほどでもない本であれば、電子書籍は保管場所がいらないので、この点も便利です。旅行に出かけるときも、電子書籍であれば、紙の本を何冊か持っていくより荷物が軽くなります。

ですが、何だかんだ言いながら、私は紙の本のほうが好きです。紙の本は、ページをめくるごとに見開き2ページが瞬時に目に飛び込んでくるためか、電子書籍に比べて、格段に速く読むことができます。それに、電子書籍が発する光を長時間凝視していると、どうしても目が疲れます。

実際のところ、「電子書籍」派と「紙の本」派はどちらが多いのでしょうか。
便利な時代なので、両者を上手に使い分けたいと思います。