17年目を迎えて

秋口から仕事量が増えています。日中は出かける用事と電話対応を優先しなければならないので、まとまった量の文章を作るのは、どうしても夜中になってしまいます。

以前は、弁護士としての経験年数を重ねるにつれ、万事要領よくこなせるようになると思っていたのですが、かえって細かい部分が気になるようになり、一つ一つの仕事に時間がかかるようになりました。

よく考えてみれば、弁護士として17年目に突入しました。おそらくは、今が頑張らなければならない時期なのでしょう。

時間に追われる個々の事件処理と、時間をかけて勉強したいことのバランスが悩みですが、幸いにも私の依頼者は真摯な方ばかりで恵まれていますので、前向きな気持ちで頑張ろうと思っています。