糸くず

今日、地下鉄駅のエスカレーターに乗っていたら、私の後ろにいらっしゃった女性に「ちょっと、いいですか」と話しかけられました。
その女性は、私の背中に小さな糸くずがついているからと、それを取ってくださいました。

こういった親切を受けたときには、とても有り難い気持ちになります。

通りすがりの他人として無視することはできるのに、声をかけてくださるのは、私の場合、おそらくは子育てを終えられて、小さなお孫さんがいらっしゃるかもしれない女性の方が多いです。

以前、洋服のファスナーが上がりきってないとそっと教えてくださったり、咳き込んでいる時に飴をくださったり、具合が悪くて駅構内のベンチで座っていた時に話しかけてくださったのも、そんな世代の女性でした。

様々な人生経験を積まれた女性の包容力はすごいなと思います。