空気感

しばらく前になりますが、雑貨店で開催されていた銅版画の個展に出かけました。案内のハガキに掲載されていた作品が素敵だったからです。

その日は、作品を制作された方がお店にいらっしゃいましたので、お話をすることができました。銅版画の制作方法などについて、教えていただきました。

その方が銅版画に魅かれた理由の一つが、空気感であると仰っていたのが印象に残りました。私は芸術に詳しい訳でも何でもなく、ただ漠然と、銅版画にはニュアンスがあって素敵だなあ、くらいに思っておりましたが、それは、言われてみれば空気感だったのですし、銅版画の制作方法からすれば、当然、木版画にはない空間が生じるのです。

何となく感じていたことに、的確な言葉と説明が見つかって、なるほど!と思ったのでした。