作品展

週末、成年被後見人の方が入所している施設の個別支援計画説明会に行きました。ご本人の生活状況をお伺いし、施設で生活するにあたっての短期目標と長期目標について説明を受けました。

この日は、障害を持つ入所者の方々の作品が展示されていました。絵画が中心です。クレヨン画や水彩画、はり紙を組み合わせた作品もあり、抽象画のような作品から、人物や動物を描いた作品もありました。

障害者アートという芸術がありますが、展示されていた作品は、色の組み合わせの美しさと、デザインの自由さが新鮮でした。