どうなる中間試案

本日、「民法(相続関係)等の改正に関する中間試案」に関する意見募集が開始されました。電子政府の総合窓口(e-Gov、イーガブ)のサイトによりますと、意見・情報の受付開始は本日(7月12日)、締切日は9月30日です。

折しも、本日、愛知県弁護士会内で、私が所属している司法制度調査委員会が作成した上記中間試案に対する意見書(案)を、弁護士会の常議員会という意思決定機関に説明し、協議していただく機会がありました。愛知県弁護士会は、今後、協議をふまえた意見書を日弁連に提出し、日弁連は、全国の各単位会から提出された意見書を踏まえ、日弁連としての意見書を取りまとめる予定です。

本日、私が常議員会で説明をしたのですが、改正提案の範囲は広範に及ぶため、全てを詳細に説明することはできませんでした。しかし、相続は弁護士にとって身近な分野なので、関心をもっておられる常議員が多いとの印象を受けました。