99.9

テレビドラマの「99.9−刑事専門弁護士−」の視聴率が高いとのことです。事務員さんに教えてもらって以来、私も毎週楽しみにしています。

このドラマは、刑事弁護で著名な弁護士が監修しており、鬼頭弁護士によれば、法廷や接見のシーンなど、刑事弁護に携わっている弁護士なら、細部にさりげない工夫が盛り込まれていることに気がつくそうです。

現在、私は刑事弁護は取り扱っていませんので、そのような細部には気がつきませんでしたが、0.1%を追求していくという弁護士のスピリッツがよく表現されていて、ドラマならではの大胆に省略された部分はあっても、共感することができます。

民事事件ですと、勝訴の可能性を検討して手続きをしますので、事案によってはともかく、99.9%敗訴する可能性があれば、提訴は躊躇します。しかし、刑事事件の場合、依頼者は既に逮捕されていたり、起訴されていたりするわけですから、まさに0・1%からのスタートです。

民事・刑事を問わず、実際の弁護活動は孤独なものですが、ドラマのように大勢でにぎやかに仕事をする姿を観ていると、こんなふうだったらいいのになあと思うこともあります。