言葉の力

オバマ大統領が広島を訪れ、核廃絶への決意を訴え、被爆者と握手しながら対話しました。アメリカの現職大統領として被爆地を訪れるのは、国内世論との関係等から、相当難しい問題があったかと思いますが、現にこれを実現させることができ、歴史的な一日になりました。

私には被爆者の方々の苦しみを語る資格はありません。でも、広島の原爆資料館を訪れたとき、その痛ましさに言葉を失いました。このような現実が存在し、広島がそのような歴史を抱えてきたことに、ただ圧倒されました。

アメリカ大統領という立場にある方が広島を訪れ、言葉を発せられたこと自体、意味のあることです。どのようなレベルにおいても軽々に発せらる言葉が溢れている現代において、本日の演説は非常に重みのある言葉だと思ったからです。本来、言葉というものには、それほどの意味があるというべきです。