新しい委員会活動

新年度となり、弁護士会の委員会活動も年度始めとなります。

これまで所属していた委員会に加え、以前から興味があった「両性の平等に関する委員会」に新しく加えていただくことになりました。

離婚事件や面会交流事件を個別に取り扱ってきましたが、これまで自分が行ってきた事柄が、弁護士会全体としてはどのような位置付けにあり、何が課題とされているのかを知りたく、また、最新の情報に接していたいと思ったからです。

初めて委員会に参加して、その活動内容に興味を持ったのと同時に、他の委員の先生方から、私がハーグ事件について研修を受けたことに興味を持っていただきました。

1年間、できるだけ参加をして勉強していきたいと思います。