外から見てみると

先日、県外の方から名古屋とその近郊を旅行した感想を伺う機会がありました。

一番印象に残ったのはどこだろうか、と地元住民として思いつくのは、名古屋城や徳川美術館とか、少し足を伸ばして犬山城あたりかしらと思ったのですが、返ってきた答えは、名古屋市科学館でした。

名古屋市科学館は、街の中心部にあり、世界最大級のプラネタリウムを備えた施設です。昔からドイツのカール・ツァイス社製の立派なプラネタリウムがあったのですが、2011年の新築の際、同社製の最新鋭のプラネタリウムに買い替えました。市としてはかなり思い切った投資をしたものだと思います。

私も何度か足を運びましたが、その迫力ときめ細かな映像には、毎回、新しい感動があります。また、プラネタリウムだけでなく、館内の他の施設も面白く、勉強になります。

他方、県外の方から、名古屋は道路が美しくない、という感想を伺ったこともありました。

地元住民としては、名古屋は道路が広くて立派というイメージがありましたので、その感想は意外でした。ですが、その方によれば、道路の舗装や修復が雑であるらしく、玄関口である名古屋駅前ですら整備が行き届いていない、とのことでした。

良いことも、悪いことも、外部の方のご意見はとても貴重です。