印鑑

弁護士の仕事で、毎日のように何通もの書面に印を押します。印の中でも、主に押すのは「弁護士○○」と書かれた職印です。

ですが、仕事においては、職印の他にも、銀行印、実印、認め印、それにシャチハタまで、何本もの印を使い分けています。

時折、日本の印鑑文化は合理的なのだろうか、と疑問に思うことがあります。コンピュータが発達した現代、偽造された印影を見抜くのは非常に難しいと思われます。また、世界を見渡せば、印鑑ではなくサインが圧倒的に多いようです。

そうは言っても、サインだけでは何となく味気なく、朱肉のついた赤い印が押してあると安心するのは、何とも不思議な感覚です。