猫づくし

事務所を出て、地下鉄駅へ向かう途中、道端で「ミャー」「ムー」という声が聞こえたので、何だろうと思うと、雑貨屋の店先に子猫4匹が入ったケージが置いてあるのでした。

あまりに小さくて可愛らしかったので足を留めると、雑貨屋の店主さんが店から出てきました。話を聞いてみると、捨てられていた子猫たちを店主さんが見つけ、やっと歩けるようになるまで育てたというのです。今日は暖かだったので、子猫たちにとっては、生まれて初めての日光浴をさせているとのことでした。子猫たちの愛らしい様子を見て、誰か飼ってくれる人が見つかったらいいのだけれど、と仰っていました。

そして、夜、習い事に出かけたところ、教室に見慣れぬ猫がいました。先生に理由を尋ねると、近所で飼われていた猫が飼い主を失ったらしく、毎日、家を求めて教室にやってくるので、見捨てることができなかったとのこと。新しい飼い主さんを見つけるべく、獣医と相談してワクチン接種や避妊手術を行い、しばらく預かるつもりであるとのことでした。

いずれも人間の都合で家を失い、優しい方に命を救ってもらった猫です。最後まで一緒にいてくれる飼い主さんに出会うことを願うばかりです。