静寂

一日中、仕事を通じて賑やかで慌ただしい環境に身を置くと、静寂の中に身を置きたくなります。

そのせいでしょうか、家に帰って来てテレビをつけることはほとんどありません。新しい情報は、新聞をチェックする程度です。インターネットも、確かに便利ですが、断片的な思考に陥りそうな気がして、ほどほどにしています。

静寂の中、耳と目を休めながら、ゆっくり物事を考えるのは、例え5分、10分であっても、自分にとって大切な時間です。

そういえば、ナイチンゲールも、騒音の健康に及ぼす影響について言及していました。

意識的に、静寂を大切にしたいものです。