年金一元化

平成27年10月1日に、共済年金が厚生年金に一元化されます(被用者年金一元化)。

離婚時には年金分割という制度があります。年金分割の対象となるのは、厚生年金(民間企業のお勤めの方)と共済年金(公務員、私立学校職員の方)です。
例えば、婚姻期間中、夫が会社勤務で、妻が公務員であった場合、厚生年金と共済年金のそれぞれについて、「年金分割のための情報通知書」を別に取得し、按分割合を決めたうえ、厚生年金期間分については年金事務所で、共済年金期間分については共済組合等で、年金分割の手続きをする必要がありました。

10月1日以降は年金が一元化されますので、厚生年金期間分と共済年金期間分とをまとめて分割することになります。つまり、「年金分割のための情報通知書」は一体化されたものが発行され、年金分割の手続きもまとめて行えるということになります。

このような情報についても手続きに関わりますので、アップデイトしておく必要があります。