静謐さの中に

先日、木彫作家のクロヌマタカトシさんの個展に行く機会がありました。

クロヌマさんの作品は、一つ一つが静謐な空気を纏っていて、数年前に初めて出会ったとき、その存在感に圧倒されました。その佇まいには、余分なものが削ぎ落とされ、祈りにも似た気持ちになります。

9月に入ってから、まとまった時間を事務所で過ごすということができず、そんなときは気持ちがざわつくのですが、クロヌマさんの作品に接して、ゼロの状態に戻れる気がしました。

本当に素敵な作品ばかりで、また次の個展にもぜひお伺いしたいと思っています。