テストは楽しい?

今年に入ってから、検定試験をいくつか受けました。

特にそのための勉強はしなかったものや、それなりに準備をしたものもありますが、共通していたのが、「意外に楽しい」という感覚でした。それは、おそらく、正解のある心地よさというか、安心感だったと思います。

択一式の試験には、必ず一つだけ正解があります。ですが、普段の仕事には、一つの正解というものはありません。様々な選択肢が考えられる中で、何をすべきなのかを考えて、決めなければなりません。それがやりがいでもあるのですが、苦しくもあります。

択一式の試験を受けたのは、司法試験以来でしたから、必ず正解があるという設定が、かえって新鮮なのでした。

されど、正解があると安心なんていうのは、団塊ジュニアならではなのかもしれません。