学問の自由

日本国憲法第23条には「学問の自由は、これを保障する。」と定められています。

私たちの生きる社会が、より良い方向に進み、成熟するためには「知」が必要です。「知」は、何にも縛られることなく真理を探求し、それを発表し、批判・検証を繰り返すことによってしか生まれません。そのためには、学問の自由が保障される必要があります。

戦前には、京都帝国大学の滝川幸辰教授の著書が発禁処分を受け、同教授が休職処分になるという事件や、東京帝国大学の美濃部達吉教授の天皇機関説が非難され、同教授が公職を辞するという事件がありました。大日本帝国憲法には、学問の自由は規定されていませんでした。

自分が大学生だった頃、学問の自由と言われても、あまりピンときませんでした。ですが、大学卒業後、社会人になってから、諸外国の歴史ある大学を訪れて、その自由な雰囲気を肌で感じた時などに、大学という場は、日常の社会とは別の場として守らなければならないと思いました。

最近、国会で集団的自衛権について意見を述べた憲法学者が、政府から批判を受けるということがありました。様々な意見があるのは当然ですが、一つの意見が政府から否定されることには違和感を覚えました。