お仕事中の盲導犬

今日、地下鉄に乗っていると、盲導犬を連れた方が乗車されました。

すると、その方と盲導犬がもっとも座りやすいだろうと思われる席に座っておられた男性が、ごく自然にさっと席を譲られました。盲導犬は、指示に従って足下に座り、外が暑かったせいか、少し口を開けて、大人しく待機していました。

地下鉄車内には、そんな盲導犬の様子に感心し、お仕事中の盲導犬を温かく見守るような空気が生じました。乗客の方の表情も和らいだ感じがして、とてもよい雰囲気でした。