新しい雑誌

昨日、「家庭の法と裁判」(日本加除出版)という雑誌の創刊号が、事務所に届きました。

平成26年3月まで、最高裁判所事務総局家庭局編集の「家庭裁判月報」という書籍が発行されており、最近の判例や裁判官の論文などが掲載されていて大変参考になったのですが、それが刊行終了しました。

「家庭の法と裁判」は、この「家庭裁判月報」に代わるものとして、創刊号が届くのを待っていたのです。
年4回の発行であるのが残念ですが、今後、目を通して参考にしていきたいと思います。