久しぶりの登山

先週末、山に登る機会がありました。
実に15年ぶりの登山であり、あいにくのお天気ではありましたが、達成感は格別でした。

途中、ぬかるみのために滑りやすい箇所で気持ちがくじけそうになったと思えば、眼下に広がる光景に感動したり、疲れてしんどくなったり、そんなときに季節の花が咲いているのを見つけたりと、何があっても常に前には進んでいかなければならないのですが、その間に辛いことや楽しいこと、様々な経験をするところが人生に似ているのかな、と思いました。

空気が澄んでいるからなのか、自分がリラックスしていたからなのか、山にいるときには、普段よりも呼吸が深くできていたような気がします。ぜひ、また出かけたいと思います。