転勤

この時期、裁判官や検事には転勤があります。人によって異なりますが、裁判官は3年ごと、検事は2年ごとに転勤することが多いようです。

これに対して弁護士には転勤というものがありません。

転勤がないことに魅力を感じた時期もありましたが、思いがけない場所で、新しい物事に接する機会が得られることに、少しうらやましさを感じる今日この頃です。