書式について

弁護士の仕事には書式が役に立ちます。訴状や申立書、各種申請書、内容証明郵便、調停条項や和解条項、契約書など、様々な書式があります。

このような書式が記載された本は沢山あります。初めて取り扱う事件については、書式が参考になることも多いです。

しかし、書式に頼りすぎるのは、よくありません。一見もっともらしい書式があると、その書式に引っ張られてしまい、柔軟な文章を作成する妨げになります。それでは、本当に伝えたい内容を伝えることができなくなります。

伊坂幸太郎さんの「魔王」という小説に、「考えろ考えろ、マクガイバー」というフレーズがあります(とても好きなフレーズです)。

書式を参考にしながら、あくまでも、自分自身の頭でしっかり考える習慣が大切なのだと思います。