月曜日の野望

月曜日を迎えた朝は、「今日は早めに帰って、一週間に備えよう」などと考えます。

しかし、午後4時を過ぎるころには、それは到底無理だということを悟り、中途半端に早く帰るよりは、遅くなっても仕事を済ませてしまおう、ということになります。

やはり、スタートは肝心で、月曜日にある程度の段取りをしておくと、その週は気持ちの余裕をもって仕事をすることができます。

こうして、月曜日の野望とその挫折が繰り返されるのですが、弁護士業に限らず、どのような仕事も似たり寄ったりかもしれません。