悩み抜くこと

弁護士という職業は、平日も休日も、昼夜を問わず、一体何が良い解決なのだろうかと悩み続けながらやっていくものだと思います。このことは、弁護士になって十五年目の今でも同じです。

しかし、必死に悩み続けながら、全力を注いで事件に取り組むことができれば、一区切りついたとき、結果にかかわらず、ホッとした気持ちになります。このようなとき、自分が弁護士であることを実感します。

普段から気持ちと体を健康に保つ必要はありますが、全力で悩み抜く過程が必要なのだと思います。