便利と不便

ICカードで電車に乗る人が、ずいぶん増えました。名古屋市内の地下鉄も「マナカ」というICカードが利用されています。今では、このICカード一枚で、全国の主要な鉄道に乗車することができ、確かに便利になりました。

ところが、出かけるときにこのICカードを忘れると、なかなか大変です。自動券売機を操作する機会がほとんどなくなったからか、自動券売機で切符を買うときに、何となく手間取ってしまいます。それに、何だか時間を無駄にしてしまったような気持ちにもなります。

また、機械化が進み、以前ほど駅員さんが窓口に多く待機していないので、かなり並ぶこともあるのではないでしょうか。

便利な道具ができた反面、その道具を使うことができないときは、かえって以前より不便になってしまいます。