頼みたい弁護士

弁護士が、他の弁護士と接する場面は委員会活動などもありますが、その仕事ぶりを知るのは、やはり相手方代理人として関わったときです。

時折、自分や自分の家族にトラブルがあったのならば、この方に依頼したい、と思う弁護士に出会うことがあります。そのような方の共通点は、依頼者のために主張すべきことは主張しつつも、依頼者にとって、紛争の解決にとって、どこに力点を置くのが望ましいのかを考えていることです。そして、相手方本人及び相手方弁護士に対しても、礼儀をもって接します。

なるほどと思うのですが、このような弁護士の事務所は、事務員さんの対応も大変丁寧です。事務員さんは、普段から、弁護士の言動に接していますから、自然と丁寧な対応が身につくのだと思います。

しかし、残念なことに、そうではない弁護士さんも多くいます。

例えば、相手方本人を侮辱する表現を多用したり、自らが唯一の正義であるかのような言動をしたり、和解の局面に至っても、不必要に相手方本人を攻撃する方もいます。また、期日に遅刻したり、相手方弁護士が期日に出頭すべく、事務所を出たことが明らかな時間帯に主張書面や証拠を事務所にFAXで送る、後日に郵送すればよいと思われる大量な書類をFAXで送信するという礼を失した対応をする方もいます。

弁護士として経験を積みますと、当然ながら自信もついてきます。それは、仕事をする上で確かに重要なことですが、同時に独りよがりになる危険性も孕んでいます。独立した弁護士になると誰も注意してくれませんので、自分自身で立ち振る舞いを振り返るしかありません。

私も、相手方から頼みたいと思ってもらえるような弁護士を目指したいと思います。