借用書がないときには

債権回収の仕事を頼まれることがあります。

通常は借用書があって、これまでの貸し借りの一覧表が用意されていますが、中には借用書がないケースもあります。特に、親しい知人同士や親族間のお金の貸し借りには、借用書がない場合も少なくありません。

では、借用書がなければ、債権回収は難しいのでしょうか。

借用書がなくても、貸したお金の出所(口座の出金記録等)が分かれば、大きな手がかりになります。また、貸した後に何度か返済を受けている場合には、口座の履歴、領収書の控え、返済一覧表などが証拠になります。借主が借金を認めていたことを示す証拠も重要です。例えば、督促を受けた後「もう少し待ってほしい」と書いたメールなども有効です。
借用書がなくても、証拠を繋ぎ合わせていくことは可能なので、諦めることはないと思います。

他方、借用書さえあればよいというものではありません。実際にお金の動きがあったことを証明できなければ不十分です。例えば、依頼を受ける際、お金をどのように用立てて、どのように相手に渡したのかをきちんと確認しておく必要があると思います。