和解で心がけること

弁護士にとって、和解は重要な仕事の一つです。和解には、裁判を起こす前の段階での和解と、裁判を起こした後に裁判所でする和解があります。

和解を検討する際、注意しなければならないことは様々です。依頼者が和解の内容をきちんと理解しているか、必要な事項が過不足なく和解条項として盛り込まれているか、後で依頼者が思わぬ不利益を被るような条項はないか、後で紛争が再開しかねない曖昧な条項はないか、といったことが一例です。

このような注意点に気づくために、和解が成立した後、この事件がどうなっていくかについて、いつも具体的なイメージを持てるように心がけたいです。