成年後見の研修

今日は、成年後見に関する研修がありました。

高齢者・障がい者の方から相談を受けるときには、相談のきっかけとなった事柄だけでなく、生活全般を見渡して、その方の法的ニーズを整理することが重要であるという内容でした。

また、その方の生活全般を支援するために、専門機関や専門職との連携が強調されていました。私が成年後見人として関わっているケースでも、地域包括支援センターや社会福祉協議会といった専門機関、専門職の方に相談しながら対応しています。

本日の研修では、高齢者・障がい者の生活を支援する社会資源(サービスや制度など)も具体的に紹介されており、とても有意義でした。