六法

弁護士の仕事で、六法は必要不可欠です。法律を扱う仕事ですから当然です。

と言いたいところですが、最近ではインターネットの「法令データ提供システム」(法令検索)を利用することが多くなりました。
http://www.e-gov.go.jp/

特にキーワードを手がかりに条文を検索するときは便利です。情報も新しいので、法律が毎年のように変わる現在では、必需品といえます。

ですが、六法をめくる技術が衰えてはいけませんので、紙ベースの六法も使っています。ある条文の前後を広く見渡して、条文の位置づけを知るには、やはり紙ベースの六法のほうが優れているように思います。

ちなみに、六法とは、六法全書のことです。六法は、憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法を指しており、これらを中心に主要な法令を収録した法令集が、六法全書というわけです。