自分の感受性くらい

茨木のり子さんの詩(「自分の感受性くらい」)は、目の前の仕事で頭の中が一杯になったときや、忙しさで気持ちに余裕がなくなりかけたときに、大切なことを思い出させてくれます。

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難かしくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ