仕事の時間

仕事を始めて間もない頃は分からないことばかりで、一つのハードルを越えると、また次のハードルが、それを越えるとまた別のハードルが、といった心持ちでした。いつか、たくさんのハードルを越えたら、悩みなく、てきぱきと仕事ができるようになるのだと思っていました。

確かに、年数を経て、手際よく対応できるようにはなりました。ですが、経験を積むことによって、以前には意識が及ばなかったことに気が付き、作業量が増え、一つ一つの仕事に費やす時間がむしろ長くなったことを実感します。限られた時間の中で、いつ、何をすべきかについて、常に考えている状態でしょうか。

これも一つのハードルであって、それを越えるとまた別の境地があるのかもしれません。